読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在開催中の電子書籍ストアセール情報まとめ

家電・PCなどのAmazonセール情報

注目の大規模セール・速報など (4/26更新)


スポンサーリンク


【Kindle新刊】「詳解 Swift 改訂版」がとうとうKindle化、リフローにも対応

f:id:hassyX:20160226192825j:plain


日本におけるSwift本の決定版、「詳解 Swift 改訂版」がとうとうKindle化されましたのでお知らせします。


紙版から2か月遅れてのリリースで、本書の電子書籍化を待ち望んでいた方も多かったと思います。長い間待たされた甲斐はあったというべきか、嬉しいことにリフローに対応しています。もちろん、書籍内の全文検索も可能です。実に素晴らしいです。


リフロー対応で文字サイズも可変。リンクも機能しています。

f:id:hassyX:20160226193306p:plain

こういった技術書が電書化されるにあたって、紙版をスキャンしただけの簡易的な電子書籍がリリースされてしまうことが結構あったりします(残念ながら)。そういった本は、目次から各項目へリンクで飛んだり、書籍内を全文検索することが出来ないため、技術書としての使い勝手が良くないものになってしまうのです。

特に、本書のように辞書的に使われることを想定している書籍は、全文検索やリンクによるジャンプが出来ないと使い勝手が大きく低下します。


そういった事情もあるため、本書がリフロー対応されたことは、Kindle版のリリースが遅れたことを考慮しても、非常に喜ばしいことだと思います。


本書の版元であるSBクリエイティブさんには、これからもリフロー対応された技術書をリリースして頂けるよう望む所存です。


Linuxへの移植とオープンソース化の発表により、新たな節目を迎えたSwift 2の
総合的な解説書。新機能であるプロトコル拡張とエラー処理についても丁寧な
解説を加えました。


“本書では、Swiftはやさしい言語です、とは言いません。Swiftは、頼めばすぐに
色々やってくれるけれど、時々「?」とか「!」とか呟いていて、暗黙の了解というのが
通じないらしい変なヤツです。しかし、次第に仕事のさせ方がわかってくると、
事前に考え抜くタイプで、滅多にはしくじらず、一を聞いて十を知るような凄い
ポテンシャルを秘めていることに気づくでしょう。もちろん、それを理解するためには
それなりの時間と努力を傾注する必要があります。本書が、そのようなことを学びたいと思う方の助けになればと願っています。”
「はじめに」より

詳解 Swift 改訂版

詳解 Swift 改訂版