現在開催中の電子書籍ストアセール情報まとめ

家電・PCなどのAmazonセール情報

注目の大規模セール・速報など (8/24更新)




誰が実際にLinuxを開発しているのか?その答えはあなたを驚かせるかもしれない。

Linuxカーネルに最も貢献している人(組織)が誰なのかを、Linux Foundationの年次報告書から探る、というお話。OSS界隈の知識が多少なりともあるプログラマにとっては既知の内容だと思いますが、各組織の貢献度が細かな数字で表されているのは良いかなと思います。

元記事:Who actually develops Linux? The answer might surprise you | ExtremeTech


f:id:hassyX:20140407123846j:plain

もし私が、オープンソースプロジェクトについて考えるようにあなたに命じたとすると、恐らく心に浮かぶ最初の言葉はLinuxでしょう。(FirefoxまたはApacheを思い浮かべたかもしれませんが、議論のためにLinuxについて考えたとしておきましょう)。それから、オープンソースが実際にどのような意味を持つのか、ということを尋ねたとしたら、おそらくはこう言うでしょう。「オープンソースとは、誰でもコードを自由に利用できることを意味し、それはたいてい、世界/インターネットをより良い場所にするために、無償で労働力を提供する多くの独立したプログラマによって開発されています」。そう、それはLinux FoundationのLinuxカーネルについての年次報告書を読むまでに、私が考えていたのと同じことです。このレポートの内容はあなたを驚かせるかもしれません。

f:id:hassyX:20140407124134j:plain

まず最初に、上記の図表を見てください。このグラフは、バージョン3.0から3.10の間にLinuxカーネルに貢献した全てのパッチの内訳を表しています。貢献の80%以上が、巨大な営利企業に雇用されている開発者からであることがはっきり分かるでしょう。報告書は、Linuxカーネルに貢献する無償の開発者の数が長年ゆっくりと減少しており、今現在は13.6%(前回の報告書では14.6%)であることを述べています。

当然のことながら、Red Hat — 数少ない成功したドットコム企業のひとつ — は最も力のあるメンバーです。Linux Foundationは、この一年間でモバイルおよび組み込みシステムの企業(Samsung、Texas Instruments、Linaro)がかなり増加している、と報告しています。去年の報告書では、これらの3つの企業は、カーネルの変更分のちょうど4.4%に貢献していました。今年はおおよそ11%程度となっています。Linaroとは、LinuxのARMサポートを改善する目的のために、ARM、Freescale、IBM、Samsung、ST-Ericsson、そしてTexas Instrumentsによって設立された非営利組織です。非営利とはいっても、それはLinaroの開発者が無償で働いているということではありません。

f:id:hassyX:20140407124229j:plain

この報告書はさらに、リーナス・トーバルズ(リナックスの創造者、およびプロジェクトの全面的な調整者)が、パッチ適用のプロセスに直接関与しなくなっていると報告しています。トーバルズは、バージョン3.0と3.10との間に568個のパッチ(0.7%)をコミットしました。最近、彼はサブシステムのメンテナ(彼らの大部分はRed Hat、Intel、Googleなどの高給取りです)にサインオフを委任しました。

このレポートで最後に目を引く所は、カーネルのコード量が膨張していることです。Linux 3.0(2011年7月)とLinux 3.10の間で、230万行を超えるコードがカーネルに加えられました。Linux 3.10の時点で、Linuxカーネルはおおよそ1700万行ほどの分量でした(この記事を書いている時点でバージョンは3.13まで進んでいます。よって、コード量はもっと増加しているはずです)。カーネルを構築するファイルの数は、37,000から43,000まで増加しています。Linuxカーネルが1991年に最初にリリースされた時、コードの行数は一万行ほどでした。このインフレーションの大部分は、ドライバおよび新しいファイルシステムのサポートによります。ビルドプロセスの際には、あなたのハードウェアによって実際に要求されるコード行だけがコンパイルされることになります。実際のところ、それは1700万行のうちのごく一部分になるはずです。

なぜLinuxが今、主に高級取りのエンジニアによって開発されているかに関しては、考えられる理由が無数にあります。最も明白で注目せざるを得ない理由は、これらの大手企業がLinuxの継続的な健全性に対して、商業的な関心を持っているということです。10年前、Linuxは愛好家およびスパコン企業のおもちゃでした。今日、Linuxは、スマートフォン(Android)から無線通信ルーター、そしてセットトップボックスまで、すべてに動力を供給します。Linuxへの商業的な関心は、報告書の中の別の統計によって強調されます:2011年中頃、191社の企業がLinuxカーネルに関与していました。2013年の終わりまでに、その数は243社にまで増加しました。

実際に、私たちは、これらの企業が自社の商業的ニーズのために、Linuxの開発を歪めているようには見えないことを感謝すべきです。それはオープンソースのマジックであり — そしてトーバルズとカーネル・メンテナ達の、厳格で無慈悲な支配によるものです。

詳解UNIXプログラミング 第3版

詳解UNIXプログラミング 第3版

Linuxプログラミングインタフェース

Linuxプログラミングインタフェース