現在開催中の電子書籍ストアセール情報まとめ

家電・PCなどのAmazonセール情報

注目の大規模セール・速報など (10/23更新)





AMDがBitcoin採掘でNvidiaを打ち破る、差はいつ埋まるのか(2/3)

AMDがBitcoin採掘でNvidiaを打ち破る、差はいつ埋まるのか(1/3) - 電子書籍の更地 の続きです。

ビットコイン採掘のパフォーマンス

まずは、rpcminerを使用して、最適化されていないTitanのOpenCLカーネル(cgminer 2.11使用)と、より最近のCUDAに最適化されたカーネルのGTX 680に対するパフォーマンスを見ていこう。rpcminerとcgminerは共通のコード・ベースを共有しているので、OpenGLを使用する場合のパフォーマンスは同等である。最適化されていないテストのために、我々はpoclbmカーネルを選んだ。最適化されたテストの方では、修正されたCUDA対応カーネルを使用した。このカーネルはNVIDIAのカード用の自動設定が使用できるのだが、我々は手動設定も試してみて、スレッドの数とグリッドサイズの数の調整を試みた。だが、手動設定によるオプション変更では、パフォーマンスを有意に向上させることはできなかった。

テスト環境は、Intel Core i7-3770K、8GBのRAM、Asus P8Z77V-Deluxe、電源はThermaltakeの1275W 80PLUS Platinumである。AMDのRadeonは、すべてdiakgcnカーネルを使用するように設定された。パフォーマンスと電力消費量は2時間記録された。不安定なCUDAの採掘パフォーマンスを安定させるために、これだけの時間を要している。

Bitcoinの採鉱では典型的に、与えられたカードのハッシュレートは安定し続けるものである。CUDAによる採掘処理では、GTX 680とTitanの双方のスコアが乱高下しているのだが、このような大きな変動が生じる原因はよくわかっていない。これらのカードのパフォーマンス値は、測定における平均ハッシュレートを表している。

f:id:hassyX:20131216013934p:plain

注意すべき最初のことは、Titanのスコアが、単純なコア数の増加やクロック速度から説明されるものよりも、はるかに高速であるということである。CUDA向けに最適化すると、双方のコアで約20%のパフォーマンスの改善をみる。NVIDIAは、GK110が数学的なワークロードで大幅に改善されたパフォーマンスを提供すると約束しており、その事実はここにもよく現れている。同一の2枚のカード間で最大17%に及ぶスコアの改善は、GTX Titan上で実行するために、NVIDIAのドライバがコードを自動最適化することを示唆している。

GK110はGK104よりも大幅に高速だが、この結果にRadeonのデータを追加すると何が起こるのだろうか…

f:id:hassyX:20131216014019p:plain

なんてこった。$149のRadeon 7790が、Titanの80%の性能を、15%の価格で提供している。Radeon 7970においては、Titanの半額で性能は2倍である。CUDAで高速化されたカーネルでさえ、NVIDIAのハードウェアをAMDと同じ土俵へは登らせてくれない。Titanは561mm平方のダイと71億トランジスタのGPUであることに留意してほしい。Radeon 7790が112mm平方サイズのダイでTitanに匹敵するパフォーマンスを発揮するという事実。

以下に示すように、もし我々が消費電力(MHash/ワット)、または初期費用とハッシュレートに基づいたGPU効率を考察したとしても、状況は同じように、まったく不均衡である。

f:id:hassyX:20131216014053p:plain
f:id:hassyX:20131216014101p:plain

AMDとNVIDIA間のGPGPU性能の詳しい説明はこの記事の範囲外だが、いくつかのパフォーマンスチェックを行ってみることにしよう。下にあるのは、OpenCLベースのLuxmark 2.0ベンチマークの結果である。GTX 680、GTX Titan、HD 7970およびHD 7790の結果はすべて、ここに記載されている。

f:id:hassyX:20131216014112p:plain

GTX TitanはGTX 680と比較すると大きな改善が見られるが、それはまだ、HD 7970の半分程度の性能である。

(次のページに続く)



GIGABYTE ビデオカード R9-290搭載 GV-R929OC-4GD

GIGABYTE ビデオカード R9-290搭載 GV-R929OC-4GD