follow us in feedly

Spigen の iPhone6 ケースが30%OFFでセール中 (2014/11/9まで)

先日iPhone6を購入して、ケースを物色していたところグッドニュースが飛び込んできました。

SpigenはiPhoneケース業界を代表するメーカーで、私もiPhone4とiPhone5を使っていた頃はここのケース(バンパー)にお世話になりました。

今回値下がりしているのは以下の4商品のようです。


3,590円 → 2,513円 (1,077円 OFF)


3,990円 → 2,793円 (1,197円 OFF)


3,990円 → 2,793円 (1,197円 OFF)


2,990円 → 2,093円 (897円 OFF)


私のおすすめは、一番上の「ネオ・ハイブリッド EX The New iPhone アイフォン6 (ダンテ・レッド 【SGP11025】)」です。iPhone5の白にこれとほぼ同形状のバンパーを付けて使っていました。樹脂製で艶があって仕上げも美しく、何度か落としても割れない程度に頑丈だったと記憶しています。(ちなみにSpigenのiPhone5のバンパーは、前期モデルと後期モデルで厚みに差異がありました。後期モデルになって商品名も変わり、薄くてよりスタイリッシュな外観になっていたんですよね。)

なお、セールの実施期間は10/20から3週間なんですが、週が過ぎるごとに値下がり率が下がるという罠があるので、欲しい方は今週中に手に入れておいた方がよいかと思います。

第1週目となる10月20日からは30%OFF、第2週目の10月27日からは20%OFF、第3週の11月3日からは10%OFFになる。

KindleでASCIIの技術書がバカみたいに安い(たぶん10/7まで)

2014年10月1日、株式会社KADOKAWAと株式会社ドワンゴは経営統合を行いました。
この経営統合を記念し「KADOKAWA dwango統合キャンペーン ニコニコカドカワ祭り」を行います。

Amazon.co.jp: KADOKAWAキャンペーン: Amazon.co.jpホーム

ということで、10/1〜10/7まで、KADOKAWAの書籍が大幅割引で売られています。

この恩恵を受けて、KADOKAWAに吸収されたアスキー・メディアワークスブランドの技術書も大幅に安くなってます。というか、ほとんどの技術書が285円(なんでこの価格?)で売られているという大盤振る舞い。ちょっと何が起こっているのか理解できません。

統合監視ソフトウェアMIRACLE ZBX/Zabbixシステム管理 (アスキー書籍)

統合監視ソフトウェアMIRACLE ZBX/Zabbixシステム管理 (アスキー書籍)

サーバサイドJavaScript Node.js入門 (アスキー書籍)

サーバサイドJavaScript Node.js入門 (アスキー書籍)

高速スケーラブル検索エンジン ElasticSearch Server (アスキー書籍)

高速スケーラブル検索エンジン ElasticSearch Server (アスキー書籍)

Redis入門 インメモリKVSによる高速データ管理 (アスキー書籍)

Redis入門 インメモリKVSによる高速データ管理 (アスキー書籍)

プログラミング言語Dart (アスキー書籍)

プログラミング言語Dart (アスキー書籍)

50 Android Hacks 開発現場ですぐに役立つヒントとコード (アスキー書籍)

50 Android Hacks 開発現場ですぐに役立つヒントとコード (アスキー書籍)

自律走行ロボットカーを作る グラフィカル言語でFPGAプログラミング (アスキー書籍)

自律走行ロボットカーを作る グラフィカル言語でFPGAプログラミング (アスキー書籍)

Google Androidプログラミング入門 改訂2版 (アスキー書籍)

Google Androidプログラミング入門 改訂2版 (アスキー書籍)

サードパーティJavaScript (アスキー書籍)

サードパーティJavaScript (アスキー書籍)

Windows Server 2012&クラウドで実現する耐障害性対策・BCP対策 (アスキー書籍)

Windows Server 2012&クラウドで実現する耐障害性対策・BCP対策 (アスキー書籍)

Windows Server 2012&クラウドで実現する耐障害性対策・BCP対策 (アスキー書籍)

Windows Server 2012&クラウドで実現する耐障害性対策・BCP対策 (アスキー書籍)

Windows Server 2012&クラウドで実現する耐障害性対策・BCP対策 (アスキー書籍)

Windows Server 2012&クラウドで実現する耐障害性対策・BCP対策 (アスキー書籍)

メタプログラミング.NET (アスキー書籍)

メタプログラミング.NET (アスキー書籍)

最後の「メタプログラミング.NET」は、ちょっと高めの1280円。これだけ高い理由がちょっと理解しかねますが、それでも普段よりは大幅に安くなっています。

基本的には2014年に出たばかりの本が多いんですが、そんなことはお構いなしに、軒並み285円に割り引かれています。

ラノベやコミックならまだしも、軽く数千円はする技術書にこの安値、何かの間違いでは?という話も出ていますが、消費者からすれば付けられている値段が全て。どしどし買いまくってしまうのがいいと思います。ちなみに私はもう20冊買いました…

今回取り上げた技術書は比較的ガチなものですが、中には「できる!◯◯」的な、比較的優しめのIT系書籍も安くなっているようですので、いろいろと探してみるのも楽しいかと思います。

[追記]

艦これはやらないんですが、一部で話題になっていたようなのでこれも買いました。これだけ安いと勢いで買えちゃうので怖いですね。

SteelSeries製マウスの個体差と品質のバラつきについて

f:id:hassyX:20140818143604p:plain

SteelSeriesのマウスって、どうなの?

SteelSeriesのマウスを購入して、使ってみた記録です。

SteelSeries製品についてネット上の意見を調べてみると、製品自体は高評価なのですが品質のバラつきについての苦情がチラホラ…といった印象を受けます。

ゲーム関係の周辺機器については一家言ある4gamerも、2012年にこんな記事を出していました。
4Gamer.net ― SteelSeriesはどこへ向かっているのか。最近の製品デザインと新製品について製造部門の偉い人に直接に聞いてみた

「Xai」(SteelSeries Xai)はメインボタンのチャタリングが発生しやすかったり,Kinzuはセンサー性能に問題があったり,そしてSenseiは発売時点で設定用ソフトウェアの完成度が低かったりと,マウス製品の品質管理があまりうまくいっていない印象を受けています…

実際に買って、使ってみた

著者はこれまでMSとロジクールのマウスを使ったことがあり、経歴は以下の通りです。

IntelliMouse Explorer → G3 Optical Mouse → M518 → Wireless Mouse M510 → Wireless Mouse M560→しっくりこなくてM510に戻した

ここ暫くはロジクールのマウスを使ってきて、品質には概ね満足していたのですが、最近は高速ホイール推しが過ぎて(*)、ちょっと辟易していたところでした。
(*ホイールクリックを多用するので、ホイールクリック機能が無い/ホイールクリックがやり辛い製品ばかりで困る)

今回購入したのは以下の3台なのですが、結論から言うと、SteelSeries社のマウスは品質管理が行き届いていないのではないかという疑問を感じざるを得ませんでした。具体的には、ボタンやホイールの感触の個体差が大きく、何度か交換を繰り返すことになってしまいました。

今回購入したマウス

・SteelSeries Sensei Raw(2台)
・SteelSeries Rival(1台)

以下、私が購入したマウスに起きたトラブルや、国内代理店に交換して頂いた際の経緯をまとめました。

SteelSeries Sensei Raw

f:id:hassyX:20140818145704j:plain
フラッグシップモデルSenseiから一部機能を省き、また軽量化も計ったマウスです。計2台購入しました。
ちなみに私が購入したのは「 Call of Duty Black Ops II Gaming Mouse」という、マウス外装に特別な加工を施したコラボモデルです。

Sensei Raw 1台目

まず気付いたのはホイールが重いこと。手前に回す分には「ちょっと重いかな」程度ですが、前方に回す時は重すぎて中指が痛くなります。また、前方に回した時だけゴリゴリと音が鳴ります。音については、こちらの動画と同じような音が鳴っていました。

結局、この個体については代理店に交換を依頼しました。交換品は特に問題なく、今も愛用しています。

Sensei Raw 2台目

Sensei Raw が軽くて使いやすかったので、職場用にもう一台購入しました。ところが、またホイールに問題あり。1台目のような「奥に回す時と手前に回す時で感触が違う」ことは無いのですが、交換してもらった正常品と比べると、明らかにホイールが重い。常用すると指を痛めそうです。

結局、この個体も代理店に交換を依頼。郵送して3日後に交換品がやってきました。

【1回目の交換後】

交換してもらって、これで一安心と思いきや…ホイールは軽くなったんですが、今度は左右のクリック感が明らかに違うという問題が。

どうも左ボタンに異常があるらしく、クリック開始からクリックと認識されるまでの遊びが少なめ。また、クリック感が「カチッ」ではなく「ヘコッ」という感触で、明確でない。押したあとボタンが気持ちよく跳ね返ってこないため、連打しにくい。

症状を代理店に伝えると、この個体も交換対応して頂けることに。

【2回目の交換後】

左右クリックの感触の違いは直りました。しかし、今度はまたホイールが重い。2台目の最初に買った個体と同じくらいの重さで、ちょっとこの重さのホイールを常用するのはきつそうです。

また交換してもらおうかと思ったのですが、さすがに面倒になってきたので、今のところ放置しています…

SteelSeries Rival

f:id:hassyX:20140818151353j:plain
Senseiシリーズの形状は左右対称ですが、こちらは右手の形に沿って湾曲したデザインとなります。Senseiシリーズはレーザー式ですが、こちらは光学式となっています。

Sensei Rawでは一勝一敗、ここでSteelSeriesを見限ることも出来たとは思いますが、正常動作しているSensei Rawが使いやすくて気に入っていたことと、Rivalは4gamer
紹介記事で高評価を受けていたこと、またヨドバシに置いてあった評価機を触ってみてしっくりきたので、購入してみることにしました。

Senseiシリーズは初出が2011年(廉価版であるRawは2012年)、Rivalは2013年の製品なので、品質も多少は改善されているのでは?という期待もありました。

…結果、またもや左右のクリック感が違う個体を引いてしまいました

ボタン 状態
左ボタン クリックするとカチカチという音がする。押し始めてからクリックと認識されるまでの遊びが小さく、クリック後の反発も小さいので、連打しにくい。
右ボタン クリックするとペコペコと大きな音がする。クリックと認識されるまでの遊びは十分にあるように感じる。クリック後の反発もしっかりしている。

左ボタンに問題がありそうです。こちらも代理店に報告したところ、即座に交換対応に。

【1回目の交換後】

左右ボタンのクリック感の差異はなくなりました。しかし、今度は前の個体と比べて、ホイールが明らかに重くなっているという症状が…

個体差が大きすぎて、何が正解なのかよく分からなくなってきました。
私は、ここで心が折れました。

まとめ

●SteelSeriesのマウスの個体差が大きいのは本当だった。ボタンとホイールは触った感覚が製品ごとにバラバラなので、検品の基準が甘いのだろうか?
●製品自体のデザインや質感、操作感は好印象。当たり個体さえ引くことができれば満足度は高いと思われる。(私も一台目のSensei Rawを愛用している。)
●異常のある個体を引いた場合、保証期間内であれば些細なことであっても代理店(株式会社ゲート)は即座に交換に応じてくれる。今回は丁寧にご対応頂き本当にありがとうございました。
●不毛な作戦だが、個体差が大きいのを見越して、当たりが出るまで何度でも交換し続けるのもアリか。2chでも、当たりが出るまで何度も交換している人を結構見かける。どの製品がどれだけ交換されたかという数字はSteelSeries社にも届いているはずなので、結果的にSteelSeriesにとって「しっかりしてくれよ」というメッセージ(プレッシャー)を伝えていることになるのでは…不毛だけど。


以上、報告終わりです。個体差の問題を除けば製品自体は良いものを出していると思いますので、他ゲーミングマウスメーカー共々切磋琢磨して頂きたいところです。


SteelSeries Sensei マウス 62150

SteelSeries Sensei マウス 62150

SteelSeries SENSEI [RAW] Rubberized Black 62155

SteelSeries SENSEI [RAW] Rubberized Black 62155

SteelSeries Rival Optical Mouse ゲーミングマウス 62271

SteelSeries Rival Optical Mouse ゲーミングマウス 62271